唯一のオンラインアートサイト 90日間の返金保証!

春 ボッティチェリ
春 ボッティチェリ
  • 春 ボッティチェリ
  • ブランド:宗教絵画
  • 小売価格 : 69600 円
    価格(税込):34800 円
  • Select Size:
    オリジナルサイズ(29cm x 45cm)
    35cmサイズ(22.66cm x 35cm)
    22cmサイズ(14.24cm x 22cm)
  • 件数 :
  • 買い物かごに入れる   Express Checkout  
商品説明

ボッティチェリを代表する作品。ヴィーナスの左側にはマーキュリーと三美伸、右側には春の女神プリマベーラと花の女神フローラが描かれています。


 

プリマベーラ

右端には西風のゼフュロスがいる。頬をふくらませ、青い顔をして、西風を吹かせ、春を運ぶ神である。

ゼフュロスが抱きつこうとしているのはニンフのクロリスである。ゼフュロスはクロリスに恋してしまったのである。二人は結婚する。

クロリスの口元から、花があふれ出てきている。クロリスは、ゼフュロスの手が触れると、フローラという花の女神に変身する。

フローラへの変身の途中である。そして、クロリスの左隣には、変身し終わった女神フローラが、今にも足を踏み出そうとしている。

ゼフュロスはフローラに花園を与える。「春」の到来である。

左側の三人の女性は「三美神」である。左の女神は「愛欲」、中央は「純潔」、右が「愛」の女神である。

左の「愛欲」と中央の「純潔」は、互いに見つめあい、対立しあっている。右の「愛」が二人の仲を取り持っているのである。

「愛欲」と「純潔」のあい反する性質を、「愛」で統一しているのである。

キューピッド(エロス)は目隠しをしているが、狙いを定めている場所は、「純潔」の頭上である。この目隠しが、愛の不確かさや、愛の負の部分を暗示している。

左端には神の使いであるマーキュリー(ヘルメス)がいる。右端のゼフュロスが暖かな愛の風を吹かし、神の世界に春をもたらすのに対し、マーキュリーがいることで人間と神の間に道を作ってくれて、人間界にも春の訪れを告げてくれる。

ヘルメスは上を向いて、頭上の霧を杖で払っている。理性の神でもあるヘルメスは、霊魂を曇らせる情念の闇を取り払っている、とも考えられる。

作品の題名は『春』であるが、内容は「愛の賛歌」的である。


ユーザーレビュー
(合計0件レビュー)
  • 現在レビューはありません

合計 0 件レビュー
Eメール:
評価:
レビュー内容:
関連商品
最新ニュース