唯一のオンラインアートサイト 90日間の返金保証!

イタリア映画界の英知を結集 ローマに映画テーマパーク

イタリア映画界の英知を結集 ローマに映画テーマパーク

27/08/2014

[映画.com ニュース] 伊ローマに7月24日、映画のテーマパーク「チネチッタ·ワールド」がオープンした。
総工費2億5000万ユーロ(約344億円)、11年の歳月をかけて作られた同テーマパークは、70年以上の歴史を持つローマ郊外の映画撮影所「チネチッタ」(映画都市の意)にちなんだもの。ただし、チネチッタに併設されているわけではなく、イタリアの大プロデューサー、故ディノ·デ·ラウレンティス氏のスタジオ跡地に建てられた。
米ハリウッド·レポーターによれば、チネチッタ·ワールドは20のアトラクション、8つの映画セット、4つのレストランと4つの劇場を備える。パークのデザインを担当したのは、3度のアカデミー賞に輝くイタリア人美術監督ダンテ·フェレッティ。フェレッティのデザインは、自身が何度となく共同作業をした3人の偉大な映画監督、フェデリコ·フェリーニ、ピエル·パオロ·パゾリーニ、マーティン·スコセッシにインスパイアされているという。(日傘を差す女)
その他、セルジオ·レオーネ風の西部劇のセットに流れるサウンドトラックをエンニオ·モリコーネが担当するなど、現存するイタリア映画界の巨匠たちが協力している。その他の映画セットのテーマには、古代ローマ、宇宙船、潜水艦、そして「ギャング·オブ·ニューヨーク」や「ワンス·アポン·ア·タイム·イン·アメリカ」を彷彿とさせる昔のニューヨークの街角などがある。
撮影所のチネチッタでは、全盛期には年間350本の映画が製作されていたが、近年は過去6年間で50本まで落ち込んでいる。今回のテーマパーク開設は、ローマへの観光客誘致と同時に、映画産業の活性化の狙いもあるようだ。入場料は大人29ユーロ(約4000円)で、連日朝10時から夜11時まで営業している。(フォーヴィスム)


554fcae493e564ee0dc75bdf2ebf94cacomments|a:3:{s:4:"name";s:8:"comments";s:4:"type";s:1:"1";s:2:"id";i:791;}554fcae493e564ee0dc75bdf2ebf94ca
文章分類

Parse error: syntax error, unexpected 'endif' (T_ENDIF) in D:\webroot\actdaft.com\temp\compiled\article_related.lbi.php on line 9