唯一のオンラインアートサイト 90日間の返金保証!

象徴主義

象徴主義とは、自然主義や高踏派運動への反動として1870年頃のフランスとベルギーに起きた文学運動および芸術運動である。象徴主義者を総称して「象徴派」と呼ぶ。ロシア象徴主義の開祖となった詩人ワレリー・ブリューソフなどにより、この運動はロシアにまで輸出された。イギリスにおけるラファエル前派も参照。「象徴主義」という語は、1886年に「象徴主義宣言」を発表した詩人ジャン・モレアスが、「象徴」という語の語源[1]である「一緒に投げること」を利用し、抽象的な観念とそれを表現するべきイマージュの間にこれらの詩が打ち立てようと望む類比関係を指し示そうとして提案した。

50 一致する商品
50 一致する項目